オーダーメイド旅行のしくみ
ご希望旅行地域
お勧めコース
専門コーディネーターの紹介
お問い合わせ
ご相談
ピコ市場
酒井ゆきえオリジナル商品
バックナンバー
(4) 風
   

敦煌鳴沙山

柳園への道

魔鬼城(NHK新シルクロードより

新緑の季節です。当社からみえる外苑の銀杏並木や青山墓地のみどりが本当に美しく、思わず深呼吸をしてしまいます。吹く風も爽やかで、おもわず散歩をしたくなるような季節になりました。
 いつも どんな風であろうと風にふかれると思い出すことがあります。今から10年以上前のことです。敦煌から一番近くの駅 柳園へマイクロバスで移動していました。今 敦煌は新しい空港となっていますが、当時は小さい空港で、列車での移動が常でした。一番近い駅といっても130キロ以上あり、ゴビ灘砂漠を一路3時間以上かけてむかう事になります。昼食後の移動だったと思います。車内はねむたい空気がただよい、うつらうつらしているお客様もいらっしゃいました。

 一番 前の席にすわっていた私は、車体がふわりと浮くよう気がしました。きっと眠たいのだろうなどあまり気にとめませんでした。それから、しばらくするとこつんこつんと車に石が当たる音がしはじめました。車外に目をやると、砂漠の草 らくだ草や小さな石が風にあおられ車にぶつかっています。初めて風ときがつきました。それから 小さな石ばかりかくるぶし大の石までが飛んでくるようになりました。砂漠の真ん中で風をよける場所もなく、このまま 風にあおられたらと思うと心配で、何とか無事に到着してほしいと祈るようない思いでした。このときほど、自然の怖さを感じたことはありません。

 日ごろ 東京で暮らしていると自然の驚異ということを感じる機会はないのですが、自然のこわさを痛感する出来事でした。(また その後、中国で水がこわいと経験することになるのですが・・・。その話は次回に)

 このあたり一体は、風の強い所で有名です。敦煌の近くには最近観光地として訪れるようになった魔鬼城という所があります。これは敦煌のある甘粛省だけでなく、新彊ウィグル自治区にも見られるのですが、一見すると遺跡か烽火台のあとかと思います。これは長い年月をかけて風が岩山をけずったあとなのです。この岩山に激しい風がふきつけると不気味な音がこだまするといわれています。

 莫高窟の魅力はいうまでもありませんが、空や大地の広さそして自然の力を体感できるのもシルクロードの魅力ではないでしょうか。

   
会社概要会社地図サイトマップ個人情報のお取扱いについて
Copyright(c) 2004 PICO TOUR Co., Ltd. All Rights Reserved.

TOPへ

ピコツアーのtopへ