オーダーメイド旅行のしくみ
ご希望旅行地域
お勧めコース
専門コーディネーターの紹介
お問い合わせ
ご相談
ピコ市場
酒井ゆきえオリジナル商品
バックナンバー
(32) お犬様御殿(ブータンより)

ブータン王国の首都ティンプーは人口約9万人の小さな首都です。

しかし野良犬が7千匹はいるだろうと言うことです。
チベット仏教が国教で殆どの国民が敬虔な仏教徒ですので、例え自分の血を吸う蚊であろうとも殺生を嫌います。そして犬が生まれ変わると人間になると信じられているので、野良犬であろうと犬は特に大切にされています。

みんなから残りご飯を貰えるのでガツガツしておらず、昼間はお昼寝をしたりとおとなしいものです。そんな様子を見た旅行客の中には“さすがGNH(国民総幸福)の国ね、人だけでなく犬も険がないのね”というようなことを言う方もいます。

しかしこの野良犬様達は夜になるとナイトハンティングの習慣がある国だからか、狼のごとく吠えまくります。そして子供の意味のない突然の動きには驚き攻撃もしてしまいます。そんなことからここ数年は野良犬様を減らそうと日本の援助もあり矯正手術なども行われてきましたがそれでも増える一方です。

2008年はブータン王国の変革の年と言われています。民主議会制の導入による初めての国政選挙が行われます。そして若き王様の即位、現王制誕生100年と各国のVIPを招待してのセレモニーが行われる予定です。それに向けて美しい首都にしようと空港の街から首都への道の全面的拡張工事、重要箇所の修正工事と街はゴタゴタです。

そして至る所でお昼寝をしている野良犬様問題ももちろん重要課題となりました。前々から検討はされていたのですが、先月7月ついにティンプーのはずれにお犬御殿を建設し、野良犬様達を集め始めたのです。ここに集められた野良犬様達はもちろん食事付きです。貰い手が居ないからと言って殺生されることはありません。終身制の御殿です。そして子犬、老犬、病気犬などちゃんと識別しての入居となります。しかし決して経済的には豊かではない国ですので、野良犬様食費が国の予算を圧迫しないかと心配されています。ごみ収集車とは別に野良犬様食事収集車もあると、残飯が出て勿体無いと思う住民にも国家予算にも良いのではとささやかれています。


ティンプーは2008年のセレモニー期間までには全ての工事を終了させ、野良犬様も居ない首都になる予定です。そして若くてハンサムな王様が誕生します。是非そんなティンプーに来てみて下さい。
←市内で子育て中のお犬様。こんな姿を市内ではよく目にする・・・・。

会社概要会社地図サイトマップ個人情報のお取扱いについて
Copyright(c) 2004 PICO TOUR Co., Ltd. All Rights Reserved.

TOPへ

ピコツアーのtopへ